So-net無料ブログ作成

脳男 ネタバレ [映画]

スポンサーリンク




最新映画「脳男」を観てきました!!


「脳男」公開前から主演の生田斗真さんが、すごく話題になってましたね。
そして、脇を固めるのが江口洋介さんと松雪泰子さんと豪華な顔ぶれです。

先週は「脳男」の宣伝で生田斗真さんを多く観ました。
某番組では江口洋介さんが軽くネタバレをしたとかも耳にしましたが(笑)


「脳男」での注目の一つは、生田斗真さんの鍛え上げた身体ではないでしょうか。
興奮している女性も非常に多いみたいです。^^

劇場でも「すごーい。」、「かっこいい。」といった女性の囁きが聞こえました!





ここから「脳男」のネタバレです。
ここから下は内容を知りたい人だけ読んでください。

脳男 ネタバレ↓





冒頭で、舌を切られた女性がバスに乗り込み、バスが爆発することから
物語は始まります。

刑事の茶屋(江口洋介)は部下と一緒に爆弾犯の調査に乗り出します。
手掛かりは無いかに思えたが、バスに残っていた破片の切断面から
特殊な技術でないとこの切断面にはならないとの鑑定結果から、
この技術を持った会社に問い合わせ、犯人の居所をつかみます。


茶屋が犯人のアジトに突入する間際に中で銃声が聞こえます。
現場で鈴木一郎(脳男)と犯人がもみ合っていましたが、
犯人の方は取り逃がしてしまします。

2人の関係が分からないまま、茶屋刑事は鈴木を犯人の共犯者でないかと推測。

鈴木は、共犯者として逮捕されたが過去がまったく分からず、精神鑑定行きとなります。

精神鑑定医の鷲谷真梨子(松雪泰子)は、鈴木を感情表出障害だと鑑定する。


さまざまな鑑定から、鈴木には今までのどのパターンにも当てはまらないとのこと。
そんな時、鷲谷の同僚からとある本を紹介され、著者に話を聞きに行くことで
鈴木の過去について明らかになっていく。


鈴木が大富豪の御曹司であったこと、一度見たものは完璧に頭に入っていることや必要知識と不要知識が分からないこと、祖父から悪に裁きを下す殺人マシーンへと育てられたこと、
驚くべき事実が鈴木の幼少期を知る藍澤と話してわかる。




また、鈴木の痛覚が鈍いのは、過去の事件によるものであることが分かった。




犯人は、自分を殺そうとした鈴木に復讐をするため、鷲谷を誘拐し利用します。
そして、病院に爆弾をしかけ鈴木をおびき寄せます。



最終的に、鈴木が犯人を追いつめ、鉄槌を下すといった物語です。







日本映画では稀に見る、大迫力の爆破シーンや、迫力あるカーチェイスシーンなどの、
CGに頼らない本物の爆破から作られた、迫力のアクションシーンばかりでした。

キャストの顔ぶれからも必見の映画だと思います^^



「脳男」予告動画



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。